相互リンクを募集中のサイトはご登録ください。

簡単に相互リンクを募集しているサイトを探すことができます。

また、自分のサイトを登録することで依頼されることも増えるので、リンク先を探す手間が省けますし、探している人が集まりますので、相互リンクの成立する確率が上がります。

無料登録型のリンク集ですが、
悪質なサイトの登録はできないようにしていますのでご安心ください。


相互リンクを募集していないサイト、
募集しているが管理を怠っているサイトは、登録できません。


登録する前に、注意事項をよくお読みになってください。

ホームページを登録するには、あなたのサイトのTOPページからのリンクが必要です。

ホームページ無料登録の注意事項

すべて無料で質の高いリンク集ページになるように、チェックしていますので悪質なサイトは登録できません。また公的秩序に反するサイト・他人に不利益を与えるサイト・アダルトサイトはご遠慮ください。

下記の注意事項をよくお読みください。

  • 必ず、このサイトへのリンクを貼った状態で登録してください。
  • このサイトへのリンクがあなたのTOPページから確認できない場合は、表示されません。
  • 登録後、自動でリンクを外していないかをチェックしています。悪質な場合はブラックリストに入り、登録できないようにしています。
  • 相互リンク募集をしていないサイト、また確認できないサイト、リンク集の管理がされていないサイトは表示されません。(すべてチェックしています)

質の高いリンク集を作るポイント

リンクのみのページは、リンク効果があまりないことは知っていると思いますが、リンクに補足した説明文などがあるほうが、コンテンツとしてのリンク集ページの評価も高くなります。それによりあなたのページへの評価も高くなると考えています。したがって登録時に、60文字以上の紹介分を入力しないといけません。

また発リンクを30以下に抑えることで、ページからのパワーをよりあなたのサイトへ返すことができるようにしています。

自動で必ず表示されるようなリンク集ではなく、きちんと確認をし定期的な認証しているのでサイト自体の更新頻度も上がり評価の高い相互リンク集を目指しています。

相互リンクは効果があるのか?

2,010年12月のYahooの検索がgoogle化することで、ヤフー対策のSEOをしてきた人は、大打撃を受けたと思います。グーグルは、アンカーテキスト分散、リンクの付き方や増え方、リンク先のIPアドレスなど様々なことを見ていると思います。グーグルを対策する上での相互リンクは、必要ですがリンク集の作り方を見直しましょう。

まず、しっかりとした説明文を入れることでリンク集がハブサイト的な役割になりページの価値が上がります。また定期的にリンク集を管理し、リンク切れなどをなくすことで、メンテナンスしているページと検索エンジンに認識させましょう。

発リンクは50以下がいいと思いますが、少なすぎても価値がないのではと思っています。

相互リンクすることで、IP分散リンクになり自作自演の効果も生きてくるでしょう。

相互リンクは、googleを対策する上で必要でリンクの仕方を工夫しましょう。相互リンクを依頼するときもアンカーテキストの分散を意識しましょう。

悪質な相互リンク募集しているサイトとは?

相互リンク依頼しても、その成功確率は少ないのが現状だと思います。悪質な相互リンク募集中サイトとは、そもそもリンクする気がないのにページを作っているサイトです。悪質とは言いすぎですがいやらしいリンクのもらい方だと思います。

そんなサイトに依頼しても成立するはずがないので、時間の無駄です。

初心者が相互リンクするときの注意点

何十件も依頼したのに返事が返ってこないことって多いですよね。アフィリサイトは特に返事の帰ってこないサイトが明らかに多いです。これは、相互リンク募集中と書かれていても、リンクするつもりはありません。あなたからのナチュラルリンクがほしいのです。

しかし相互リンクは効果がないと言っても、実際はないわけではなく管理の仕方だと思っていますし、訪問者に有益なリンク集はハブサイトとして機能しページの価値も上がります。

頑張って相互リンクしましょう。一度に大量のリンクを付けないことも覚えておきましょう。

このページの先頭へ